CATEGORY
recommend
best seller

JOAN OF ARC / He's Got The Whole This Land Is Your Land In His Hands (CD)

LABEL 7e.p (JPN)
PRICE 2,200円(税込2,376円)
在庫数 SOLD OUT

ジョーン・オブ・アークの6年振りとなる新作フルアルバム。実験的だけどポップ、創造力とユーモアに溢れた最新形JOAサウンド!

*先着ご購入特典:
2016年3月名古屋公演より"You (I) Can Not See You (Me) As I (You) Can""Flowers"のダウンロードコード

Track List:
01. Smooshed That Cocoon
02. This Must Be The Placenta
03. Stranged That Egg Yolk
04. Full Moon and Rainbo Repair
05. Cha Cha Cha Chakra
06. Grange Hex Stream
07. Two-Toothed Troll
08. New Wave Hippies
09. Never Wintersbone You
10. F is for Fake
11. Ta-ta Terrordome
12. The Keys To The Kingdom ※
13. Theme From Rainbo ※

※Bonus Track for Japan





-レーベルインフォ-
What's the Fuck? 結成20周年を超え大いなる変化を遂げた最新型JOAサウンドがここに

結成20周年を迎えたグループのツアー…人気曲に占拠されたセットリスト(新曲お断り)、黄金期のサウンド・フォーム/アンサンブルを頑にキープ(リアレンジお断り)…2016年3月に行われた日本ツアーにおいて、ジョーン・オブ・アーク(JOA)は、そのような定形イメージを鮮やかに覆してみせた。JOAサウンドの中核的存在であるエレクトリック・ギターをスタンドに立てかけてマイクを握りしめるティム・キンセラ。約15年振りに復帰したオリジナル・メンバー、ジェレミー・ボイルと10年来のティムの相棒ボビー・バーグが紡ぎ出す電子音の奔流と、ボビー同様2000年代後半よりバンドを支えるセオ・カソウニスのタイト&ファットなドラムに載せ、ティム&メリーナ・アウシカイティスが吐き出す「What's the Fuck(なんてこった!)」という強烈な第一声。Cap'n Jazz、Owlsといったティムの前歴から期待される「エモの伝説」、ジェレミーの復帰に伴う「90年代シカゴ・サウンド」の復活、変則チューニングギターのアルペジオを軸にした「キンセラ系」、そのいずれとも異なる、ビート・ミュージックにも通じるスリリングなバンド・サウンドはオーディエンスの度肝を抜いた。

そして、日本公演で披露された最新形のJOAサウンドを伝えるニュー・アルバムがここに。完全オリジナルのフル・アルバムとしては『Life Like』以来、実に約6年振り。ツイン・ギターの4人編成でギター・バンド道を極めてみせた前作から一転、来日時の5人のメンバーと、元メンバーのトッド・マッティ、元ウィルコのリロイ・バッハらが、楽器を自在に持ち替え、スタジオのみならず様々なロケーションで録音していった素材をバンド自らで再構築。さらに強烈なサウンドと激しくケミストリーを起こす、アルバム・タイトルに象徴される、怒りとユーモアとが絶妙に混じり合った歌詞世界。グループの歴史においても、現在のUSインディシーンにおいても、恐ろしく異端でありながら、アルバム全編を通してポップとすら呼べるような突き抜けた爽快感と常習性に満ちた怪作にして快作。20年の長きに亘り、誤解と称賛を等しく浴びながら、ときに横道に逸れつつも前進を続け、今も尚変化を愛して止まないティム・キンセラとJOAの面目躍如。

日本盤のみ、同セッションからの未発表トラック2曲をボーナス・トラックとして収録。





メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら