CATEGORY
recommend
best seller

FOUNTAINSUN / Sweep The Temple (CD)

LABEL Sweet Dreams (JPN)
PRICE 2,000円(税込2,160円)
購入数

ディスコードからリリースしたポストハードコアバンド、LUNGFISHのダニエル・ヒグスが辿り着いた桃源郷「ファウンテンサン」のセカンドアルバム。

ラングフィッシュのフロントマンであるダニエル・ヒグスが、写真家/アーティストとして米国で活動するフミエ・イシイと始めたプロジェクトのセカンドアルバム。シャーマニックなマントラと無垢な歌声、多種多用な楽器により奏でられる、エキゾチックで甘美なサイケデリックフォークは唯一無二。フミエ・イシイのエッセイを掲載した16ページのブックレット封入。

Track List:
1. Sweep the Temple
2. I Give You My Heart (for Brother Kamel)
3. Many Miles
4. Minor Woodland Deity
5. Garden Gate IV
6. Mupi's Song
7. Obsession or Devotion
8. Aesop
9. Lamps of Friendom



-レーベルインフォ-
セカンド・アルバム『スウィープ・ザ・テンプル』を手に、前作『ミュージック・トゥデイ』の翌年、ふたたびファウンテンサンのふたりが姿を現わしました。豊穣と葡萄酒と酩酊の酒神、ディオニューソスに守護された居心地のよい蟄居で、彼らは日々の瞑想と修行に励みます。ざざっ、ざざっ…、竹ぼうきをスウィングさせて朝の作務に励むふたり。

「Sweep The Temple(寺を掃く)」というタイトルが示唆するように、本作の中心に横たわるテーマは「純化」です。聖域を洗い清め、自然の理を理解して己の限度を知ること。『スウィープ・ザ・テンプル』は行動=作務の呼びかけであり、その呼びかけの具現でもあります。矛盾する観念や社会の束縛から身を切り離し、内なる声にしたがって住処を掃き清める。その場所こそが自らの寺院となるのでしょう。

多種多様な楽器を操り、自分たちのアナーキックな聖域を浄化していく彼らは、フォーク、たとえ話、バラッド、狂詩曲といった昔ながらの表現を用いながら、徐々に現実世界との位相をずらしていきます。録音からマスタリングまで整音を手がけたのはティム・グリーン。彼もまたラングフィッシュ同様ディスコード・レコーズから作品をリリースしたポスト・ハードコアの異端、ネイション・オブ・ユリシーズを振り出しに、ダニエル・ヒグスと同じ修験道に分け入った同志のひとり。本作の柔らかく穏やかで眩しいばかりの歌と演奏には、彼が大きな貢献を果たしていることも忘れてはならないでしょう。

ファウンテンサン(Fountainsun):
ワシントンDCの名門ディスコード・レコーズより11枚のアルバムをリリースしてきたポスト・ハードコアの怪魚、ラングフィッシュのフロントマンであるダニエル・ヒグスが、写真家/アーティストとして長く米国で活動するフミエ・イシイとはじめたニュー・プロジェクト。ヒグスのシャーマニスティックなマントラとイシイの無垢な歌声が同居するエキゾチックなユニバーサル・フォーク・サウンドをトレードマークに、現在はワシントン州オリンピアを拠点に活動中。これまでにリリースしたアルバムは『Music Today』(2015年)と『Sweep the Temple』(2016年)の2枚。なお、2017年5月には『Sweep the Temple』の国内盤リリース(本作)と共に全国8公演からなる再来日ツアーを予定している。





メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら